リゾート婚の夢を叶える

時期を見直そう

花嫁と花婿

結婚式のスタイルが様々となっている昨今、リゾートウエディングの人気が高まっています。ハワイやバリなど海外リゾートウエディングも非常に人気が高いのですが、親族だけのリゾート婚を望む場合、参列者に祖父母や小さな子どもがいるケースが多く、長距離移動がネックになる場合があります。また、友達を呼びたいけれど海外まではなかなか、という声もよく聞かれます。このようなネックがありながらもリゾートウエディングを諦められないという人におすすめなのが、沖縄での結婚式です。沖縄で結婚式を計画すると、移動距離が短いため、長距離移動の問題が解決します。国内でありながらリゾートとしての雰囲気は十分満足できるものです。また、費用面においても比較的抑えることができるので、沖縄での結婚式において、ある程度費用を抑えたいという場合には、結婚式を行う時期を調整すると、その願いが叶うことがあります。沖縄への移動手段は飛行機が中心となりますが、航空券だけではなく、宿泊先のホテルも、夏のベストシーズンであれば費用が高騰します。ベストシーズンを避け、比較的旅行者が少ない時期を選ぶことで、費用面の問題が解決します。沖縄は日本国内では暖かいエリアになるため、日本の大半はまだ寒い1〜2月にかけても、国内の他の地域よりは暖かいことが多いのです。また、梅雨の時期なども比較的費用を抑えることができるでしょう。時期を調整して、素敵なリゾートウエディングを叶えたいものですね。

その場で契約しない

教会

結婚式場を探す際には、結婚式場のブライダルフェアを利用することが効率的です。ブライダルフェアに参加する際には、いくつかの注意点があります。最も重要な注意点は、ブライダルフェアの写真を撮ることです。携帯電話やスマートフォンのカメラで十分ですが、できるだけ多くの写真を撮ることが重要です。ブライダルフェアは通常の結婚式と同様に進行されますので、自分の結婚式の打合せや見積りを依頼する際には大きな参考になります。次に重要な注意点は、結婚式の契約をその場で行わないことです。多くの結婚式場のブライダルフェアは、会場の飾りつけや照明などはできる限り見栄えのよいものを提供しています。しかし、ブライダルフェアの結婚式の雰囲気に流されて、その場で契約することは厳に慎みましょう。ブライダルフェアの飾りつけや照明などの全てを自分の結婚式に取り入れるには、多額の費用が掛かりますので、注意が必要です。結婚式の費用の関する注意点は、十分な打ち合わせを行った上で、正確な見積りを依頼することです。最初に結婚式場が提供する見積りは、最低限のものであることを理解する必要があります。そのため、結婚式の最初の見積金額が少なくても、衣装や料理などのオプションの追加が発生する場合もありますので、注意しましょう。結婚式場を選ぶ際には、複数の結婚式場のブライダルフェアに参加して式場を選びます。また、インターネット上の口コミ情報等を参考にすると良いでしょう。

ゲストの立場による違い

フラワー

日本でリゾート婚を行いたいと考えた場合には、沖縄を利用する人が増加してきています。最近のトレンドとして、結婚式と披露宴を同じ会場で行うのではなく、披露宴はなしにして家族だけで結婚式を盛大に行いたいカップルが増加しています。披露宴がない分、沖縄などのリゾート地を選択する人も多いのです。沖縄での挙式の場合には、渡航費用や宿泊費用が含まれる場合がほとんどです。この場合に二人だけで結婚式を行う場合には、それほどの配慮は必要ありませんが、親族や友人を呼ぶ場合にはどのように費用負担をしたらいいのか問題になります。住んでいる地域によって、沖縄への渡航費はとても高額になります。この場合には、ご祝儀はなくして、渡航費用だけ負担してもらうか、渡航費用は新郎新婦が負担するかによって、アナウンスに違いがでてきます。友人などの場合には、渡航費も負担してあげた方が出席してもらいやすくなるでしょう。いずれの場合においても、結婚式の招待状を送る段階で相手に伝える必要がでてきます。多くのカップルがご祝儀を辞退する形を取る傾向にあります。また、親族の場合には、渡航費とご祝儀の両方を負担すると申し出る人もいますが、この場合にはご祝儀を少なめにと伝えておくと、相手の負担が少なくて済みます。いずれの場合においても、渡航費用が掛かる場合には、新郎新婦側でいくらかの負担をするのが、沖縄での結婚式のマナーになります。それを含めて、予算を考えるとよいでしょう。

リゾート婚の夢を叶える

花嫁と花婿

沖縄でのリゾートウエディングの人気が高まっています。海外で結婚式を行うと、長距離移動が難しい人が出たり、費用がネックとなります。国内である沖縄で結婚式を行うと、このような問題が解決することもあるので、費用を抑えるには、ベストシーズンを避けることをおすすめします。

もっと読む

確認したいことを明確に

花嫁と花婿

ブライダルフェアの注意点は、展示されているものは最も高額のものであるということです。プランナーは最少額のプランを提示するので、その点を理解しましょう。自分達が何を確認したいのかを明確にしておくことも大切です。

もっと読む

フェアの日に契約はしない

新郎新婦

良い結婚式場を選ぶためには、ブライダルフェアで注意点を守って見学することが大切です。最も大切なことは、その場で契約をしないということです。見積書は必要最低限のものから始まるのが一般的ですし、フェアの日の装いは通常よりも豪華になっていますので注意しなければなりません。

もっと読む