確認したいことを明確に

どんな結婚式にしたいのか

花嫁と花婿

結婚式場を決める時に、その式場の雰囲気を確認したり、ウエディングプランナーに直接相談できることから人気なのが、ブライダルフェアです。有名な式場はブライダルシーズンになるとすぐに予約が埋まってしまうので、もし見学するなら早めに決めましょう。結婚式をその式場で行った状態を再現しているブライダルフェアですが、参加する際にはいくつかの注意点があります。ブライダルフェアでは豪華な挙式や披露宴が再現されていますが、これは最も高い料金を支払った場合の例です。式場の宣伝の為に最高級のものを再現していますが、プランナーが具体的に見積りを提案してくる場合は、最もリーズナブルなプランを紹介します。展示されているものと提示されるプランは同じではないという点が、最初に知っておきたい注意点です。他の注意点としては、ブライダルフェアの見学前に何を知りたいのかを明確にすることです。式場までのアクセスは良好な方が、参列するゲストも煩わしさや不便さを感じません。車椅子の方も招待したい場合は、その式場がバリアフリー設計かも確認しましょう。エスカレーターやスロープなどがあるかも知っておきたいものです。女性のゲストの為に、パウダールームの位置やトイレの数、アメニティの充実度も訪ねておくと、式中も快適に過ごしてもらえます。リハーサルに関する注意点は、実際に模擬挙式を行うのではなくビデオなどを見学するだけの式場もあるということです。ビデオや模擬挙式の見学だけでは不安な場合は、リハーサルに力を入れている式場にしましょう。

確認事項をピックアップ

新郎

ブライダルフェアは、式場選びに大いに役立ってくれるイベントです。フェアに参加をする時は、実際に挙式をした時のイメージを持つことが大切になってきます。ブライダルフェアで提供されるサービスを利用してみて、自分達の希望に合っているかどうかを確認するのが、ブライダルフェアの正しい利用法です。フェアに臨んだ際に必ず見ておきたいのが、式場の雰囲気です。ブライダルフェアは、普段余り立ち入ることのない結婚式場を、じっくりと観察出来る貴重な機会です。ブライダルフェアの当日は、ウェディングのテーブルセッティングなども行われることが多く、当日の雰囲気が分かります。雰囲気だけでなく、サービス面もチェックしておくのが、この場合の注意点です。食事の試食は、ブライダルフェアのサービスの中でもいわばメインとなる企画です。当日と同じメニューを味わい、料理のテイストや充実度をチェックします。結婚式場のサービスが良く分かる部分であるだけに、料理の質や品数などは十分に確認しておきたい注意点です。衣裳のディスプレイや試着サービスも、ブライダルフェアの企画としては多いものです。このような企画は、花嫁にドレスや白無垢に袖を通す機会を与えてくれます。式場の衣装サービスを利用する時の注意点となるのが、持ち込み料の確認です。自前で衣裳を用意する場合、多くの式場では持ち込み料が別途発生します。ブライダルフェアは、こういった注意点を改めて確認する良い機会でもあります。

挙式の予算を節約する方法

手

沖縄県内で結婚式を挙げる場合、結婚式のみにかかる費用は「150万円」前後が相場とされています。そして沖縄県外の方がリゾートウエディングとして、沖縄で結婚式を挙げる場合はゲストの「旅費」も、新郎新婦が負担するのが一般的です。旅費とは往復交通費・宿泊費の合計であり、東京から沖縄「本島」までの相場が、大人1人あたり8万円前後とされています。また石垣島といった「離島」の場合は、大人1人あたり15万円前後が旅費の相場とされています。そしてリゾートウエディングとして沖縄で結婚式を挙げたカップルの、ゲスト招待数の平均は「25人前後」とされいます。ですので、新郎新婦も含めると旅費は沖縄本島で200万円以上、離島では400万円以上はかかると考えておいた方が良いでしょう。よって沖縄での結婚式にかかる「総費用」は本島の場合は350万円以上、離島では550万円以上という計算になります。最後に、リゾートウエディングの総費用を節約する方法としてお薦めなのが、旅行する人が少なくなる「オフシーズン」を狙う方法です。沖縄のオフシーズンは、海で泳ぐことができない12月から2月の間、そして大型連休がない4月と11月とされています。オフシーズンは殆どの旅行会社が、飛行機代や旅館・ホテルなどの宿泊費用を安く設定するので、ゲストの旅費をかなり抑えることができるのです。ですので、式場の予約は遅くても式を挙げたい月の1年前には行っておきましょう。

リゾート婚の夢を叶える

花嫁と花婿

沖縄でのリゾートウエディングの人気が高まっています。海外で結婚式を行うと、長距離移動が難しい人が出たり、費用がネックとなります。国内である沖縄で結婚式を行うと、このような問題が解決することもあるので、費用を抑えるには、ベストシーズンを避けることをおすすめします。

もっと読む

確認したいことを明確に

花嫁と花婿

ブライダルフェアの注意点は、展示されているものは最も高額のものであるということです。プランナーは最少額のプランを提示するので、その点を理解しましょう。自分達が何を確認したいのかを明確にしておくことも大切です。

もっと読む

フェアの日に契約はしない

新郎新婦

良い結婚式場を選ぶためには、ブライダルフェアで注意点を守って見学することが大切です。最も大切なことは、その場で契約をしないということです。見積書は必要最低限のものから始まるのが一般的ですし、フェアの日の装いは通常よりも豪華になっていますので注意しなければなりません。

もっと読む